新・サラリーマン馬主への道

ごく普通のおっさんサラリーマンが09年に地方競馬の馬主になり、念願の表彰台(初勝利は13/11/14、初口取りは13/12/29に達成)を目指して、ブログに不定期に記録していきます! (2017/8/5よりココに移動しました)

久々のオグリキャップ記念も轟沈(4/26笠松観戦記後半)

↓に引き続き、4/26笠松観戦記の後半を。

7Rのタイガーバローズを装鞍所2Fで見たあとは、場内に戻って今度は「アンカツ」こと安藤勝己元騎手のトークショー
1回目はJRA想い出の馬ということで、キングカメハメハの話を中心に長谷川満ちゃんとお話し。
2回目は今日のオグリキャップ記念と日曜の天皇賞・春の予想。いずれのレースもかなり緩い(爆)内容で、結構面白かった。

・こちらも大人数!
f:id:rockeyhy:20180426151759j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180427002908j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426152451j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426153920j:plain:w280


そして、そうこうしているうちにあっという間にメインのオグリキャップ記念
7Rの反省もあり、パドック撮影より前に勝負馬券を購入(初志貫徹でこの1点勝負!)
f:id:rockeyhy:20180427000730j:plain:w320

パドックと返し馬(撮れたもののみ)
f:id:rockeyhy:20180426160057j:plain:w200f:id:rockeyhy:20180426160049j:plain:w200f:id:rockeyhy:20180426160105j:plain:w200f:id:rockeyhy:20180426160107j:plain:w198f:id:rockeyhy:20180426160325j:plain:w200f:id:rockeyhy:20180426160117j:plain:w196f:id:rockeyhy:20180426160251j:plain:w204f:id:rockeyhy:20180426160304j:plain:w194f:id:rockeyhy:20180426155051j:plain:w200


そしてレースは当然(今日3回目)装鞍所2Fで、法理先生、森山先生は勿論、こちらも3年前と同じく大井渡邊先生、金沢金田一昌先生、そして川嶋先生、山際先生と超大人数の中なぜか部外者の私が一緒に観戦(爆)。

レースは2500m特有の超スローペースの中、3角で浦和エンパイアペガサスが捲っていき先頭に立つとどんどん差を開く一方。また最後方からレースを進めていた人気薄の10番馬と、そして森山先生の馬が上昇していく。
結果、岡部誠騎手騎乗のエンパイアペガサスが大差圧勝。2着に前走A4組で6着だったアンカーマン。3着にヤマニンデリシューが入り3連単35万超えの大万馬券となりました。(結果はココ

・嬉しそうな平山真希先生。実は初めて生で見ましたが結構可愛いですね
f:id:rockeyhy:20180426162530j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426162734j:plain:w280

・佐藤友騎手との同期繋がりで写真撮影。あとGreen Channel競馬中継出演の坂田さんも取材に
f:id:rockeyhy:20180426163036j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426163045j:plain:w280

・口取り(装鞍所と場内)
f:id:rockeyhy:20180426162954j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426163611j:plain:w280

・表彰式にはアンカツさんも!
f:id:rockeyhy:20180426164730j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426164841j:plain:w280


ということで前後半ともに長文失礼しました。

今週はプリモ嬢の勝利、タイガーバローズとオグリキャップ記念の生観戦有と、馬券は外しましたが有意義な週でした。
次週はいよいよGW。GWこそ馬券を当てまくりたいと思います!

今回も善戦止まりの3着!(4/26笠松観戦記前半)

もうすぐ日付変わりますが、今日は待ちに待ったタイガーバローズ出走&オグリキャップ記念
めったにないチャンスなので、きちんと半休を取って現地観戦。

まずは、会社から競馬場に行くまでに「笠松早朝前売発売所」を経由するので、せっかくなので「人生初」の前売所で応援馬券を購入。

・開催日なのに案外お客さんが多い
f:id:rockeyhy:20180427002850j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426124042j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180427002852j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180427002853j:plain:w280

・馬券はタイガーバローズ単勝500円とメインの法理先生と森山先生の単勝
なお気になる?馬券表記は「笠松競馬場」と場内発売と同じf:id:rockeyhy:20180427000226j:plain:w320f:id:rockeyhy:20180427000652j:plain:w480

・5R,6Rの馬券を買って(当然外れ)、まずは1回目の装鞍所へ。
小池厩務員は1400m戦と勘違いしていて、外枠ヨッシャ!っと思ったそう(笑)
f:id:rockeyhy:20180426134309j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180427002855j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426134438j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426134650j:plain:w280


その後いつもの2Fに行き川嶋先生と森山先生そしてほどなくして3年前と同様大井の渡邊調教師も来られ、私も久々に挨拶。

6R観戦後は、本日1つ目のメインイベント。そう笹野先生の500勝記念セレモニー。
何でも本人の希望でお客さんの多い今日にしたとのことで、↓のような大人数でした。
f:id:rockeyhy:20180426142453j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426142507j:plain:w280

・セレモニー後はパドック撮影
f:id:rockeyhy:20180426142129j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426142232j:plain:w280

・今日の横断幕
f:id:rockeyhy:20180427002902j:plain:w200f:id:rockeyhy:20180427002903j:plain:w200f:id:rockeyhy:20180427002904j:plain:w200


そして追加馬券を買おうとして、当初予想した通り、8から2,9,10を絡めた馬券を買おうとするが、なぜかマークシートを入れても入れても戻ってくる。場所を変えてよくみると金額と取消を塗り間違えたらしく、結局時間切れで↓の2枚しか買えず。
f:id:rockeyhy:20180427000814j:plain:w480


そしてダッシュで装鞍所に戻るも、2Fに行くと既にスタートした後。タイガーは出遅れはなかったもののスタートは早くないので先頭集団から少し離れた4番手を追走。そして予想通り2番枠を利して逃げた筒井騎手の馬がそのまま逃げ粘る展開。タイガーバローズも直線よく追い込むも1頭交わしただけでまたも3着という結果でした。(結果はココ3連複は1240円ついていたので、本当は300円買ってた筈なのに、、、(泣))


笹野先生曰く、調子は悪くなかったが最後は同じ脚色になってしまった。枠の影響もあったと思う。とのこと
f:id:rockeyhy:20180426144436j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180426144514j:plain:w280


う~ん、これで掲示板には来るものの1着は遠い、という競馬がず~っと続いている。
脚質的なものもあると思いますが、勝つか負けるかの思い切った戦法やショック療法が必要かも。。。


ここまででもかなりの文量になってしまいました。 これ以降からオグリキャップ記念までの観戦記は後半に。

復活!ARS1点勝負(Vol.70 オグリキャップ記念)

今日はもう1件。
プリモ嬢の勝利の興奮が醒めないですが、明日はタイガーバローズが出走しますがメインの「オグリキャップ記念」も非常に楽しみ。
今日(4/25)の中日新聞 岐阜県版にもオグリキャップ記念の記事が載っていました!
f:id:rockeyhy:20180426012442j:plain:w540


出走枠順はココを参照願いますが、当然5番馬と3番馬は応援するとして、馬券的な勝負は

◎2グルームアイランド(2年前の勝ち馬。その時から所属が大井渡邊師に変わり、ユーロビートの雪辱期す)
◯6エンパイアペガサス(2600mの金盃では◎に先着。調教師の応援も込み?(爆))
△4アサクサポイント(昨年2着馬。10歳だが長距離堅実)
葱9ハタノリヴィール(地元&鞍上込みで1人気と思うが、上位3頭とは長距離適正が。。。)


ということで、馬券本線は◎=◯=△ の3連複1点。 葱ハタノがどこまで人気吸ってくれるか。。。

約1年振りの3勝目!!

いや~。今日はプリモ嬢がやってくれました!結果から言うと主戦山崎誠士騎手の馬をハナ差振り切っての勝利。昨年3月の浦和以来、通算3勝目となりました!!(結果はココ)


振り返りますと、本日浦和第10R(石楠花特別 C1三組)に、初騎乗となる大井の笹川翼騎手を背に出走したプリモ嬢。
実は今日は仕事に熱中しすぎて(?)応援馬券を購入し忘れ、ふと気付いたらもう定時(17:15)。
その時は自宅に帰ってからゆっくり見ようかな?っと思いましたが、やっぱり我慢できずに(定時後の休憩時間とは言え)音声オフの状態で動画ディレイ観戦。


画面上では馬場状態がかなり悪く見え、かつスタート少し後手を踏んだので、その時は正直まずいな~っと思ったが、さすが2枠を利して推していって3番手をすんなり。その後も前が飛ばし好位3番手を楽な感じですすめ、3角あたりから前を捕えにいき何と4角では先頭に。

その後は声を出すのを我慢しながら先頭で粘るプリモを凝視し画面にくぎ付け。しかし外から山崎誠騎手の馬が猛然と追い込みゴール版ではほとんど同時(しかも無音声なので尚更どっちが勝ったかわからない)。

そこですぐに結果欄をみて、一番上にプリモの名があったので嬉しい&ほっとしました。


いや~、今日は枠順には恵まれたとは言え、この距離とこの馬場(過去重馬場は0.0.0.7)を克服しての1着は素晴らしい。
もちろんテン乗りの笹川騎手もうまく乗ったし、厩舎スタッフさんもここ目標にばっちり仕上げてくれ、そしてそしてプリモ嬢自身の頑張りにより、勝利してくれました。


これでなんとB3に昇級。個人的希望を言えば、復帰後結構押せ押せなローテだったのでここで一息入れて、(あと40万で7月以降もB3なので)是非大井のお盆開催に使って、今度こそ共有馬主の皆さま全員で生観戦&オフ会ができたらな、っと思います。


これで明日のタイガーバローズにも弾みがつくな~。明日も勝って2連勝を期待します!

f:id:rockeyhy:20180425161053j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180425162132j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180425163946j:plain:w280f:id:rockeyhy:20180425164145j:plain:w280

4/26(木)笠松7R C7組(◯▲◯◎▲▲)

印は E-SHINBUN 競馬エースより。

昨日のプリモ嬢に引き続き、今度はタイガーバローズの印を。
一時期の不調から脱した感もあり本紙▲評価。また今回も奥山記者が1人◎をつけてくれています。

↓でも書きましたが、やはり8枠2頭と2番馬が強敵だが、外枠でもスタートうまく出れば距離延長を味方に久々の勝利も十分期待できる。
また、今日は朝から西濃地区は雨で夜は結構な本降り。このまま馬場が渋ったままならさらにチャンス大。

笹野先生のコメントもそこそこ強気ですし、是非頑張って欲しいです。


【参考】
<推理のヒント>
◇タイガーバローズ
はめったに大崩れしない堅実派。1600mも不問。

<厩舎のはなし>
[→]タイガーバローズ【笹野博師】

 一時より持ち直している感じ。平均していい脚を使えるし、距離が合うと思って期待はしている。

<調教タイム>
⑥タイガーバローズ

笠松良(藤原幹)前回    42.0 27.4 13.3 馬なり
22笠松良(藤原幹)      41.3 26.5 12.9 直強目

<短評> いつも圏内

4/26(木)笠松7R C7組 7枠8番 藤原幹騎手で確定

続いては笠松タイガーバローズ。

実はこれで3回連続プリモ嬢と虎穴君は同じ週に出走することになるが、こちらも既に枠順は発表済(ココ参照)
しかしプリモと違って、こちらは外枠(8番枠)からの出走で、普段内枠ばっかり当たっているのに、1600に限って外枠が当たるという悪循環。


しかしこちらも決して他のメンバーと比較し見劣っていないと思うし、前にも書きましたが8枠2頭と2枠馬(枠も絶好だしこれが不気味)との争いと思うので、こちらも何とかいい競馬を。

4/25(水) 浦和10R 石楠花特別(C1三組) 2枠2番 笹川騎手で確定(▲◯△・◯△)

%タイトル%は、E-SHINBUN 勝馬南関東版 の印より。


今日は2件。

まずは明後日に浦和10Rに出走するプリモ嬢。
既に枠順発表と競馬ネット新聞が発売されており、プリモは2枠2番という、浦和1600mのコース形態を考えたら絶好枠と言える枠順をゲット(詳細はココ)。

鞍上こそ主戦の山崎誠士騎手が騎乗できない(本紙◯の1番馬に騎乗)が、替わりに大井の一押し若手である笹川翼騎手なら何ら問題なし。


初騎乗だけにスタートだけが心配ですが、そこさえうまく切れれば、決してこのメンバーでも見劣りしていないと思いますし、特別戦なので1着賞金180万(の1/20)を目指して是非頑張って欲しいです。


【参考】
▲プリモ(山田質師)
変わらず好調だし、距離延長でも期待できそうだね【◯】

<<評価>> 復帰後は一戦毎に着順アップ。条件強化も得意の浦和なら、見劣りはしない。

・TM◆診断
[→]プリモ
  素軽い動きで、まずまずのデキ。

・調教タイム
②プリモ
   前走川良        41.3  馬なり
 [まずまず] 4月21川稍    53.1 39.4  馬なり

・短評 見劣せず