新・サラリーマン馬主への道

ごく普通のおっさんサラリーマンが09年に地方競馬の馬主になり、念願の表彰台(初勝利は13/11/14、初口取りは13/12/29に達成)を目指して、ブログに不定期に記録していきます! (2017/8/5よりココに移動しました)

7/23(月) 川崎12R 大人な夜に酔いしれる厚木の夏の風物詩 あつぎジャズナイト2018開催特別(C1特別) に登録

タイガーバローズ快勝のお次は、川崎4歳牝馬プリモ嬢の出番。

次週の南関東開催は変則日程で、まず明日から3日間浦和開催、その後19日から土曜を除く4日間で地元川崎開催があり、翌火曜から船橋で4日間。
その中でプリモ嬢は開催最終日の7/23(月) 最終12R のC1特別戦に登録がありました。

登録馬がココを参照願いますが、登録馬は28頭!もいるものの地元川崎は8頭なのでまず出走は可能。
ただ前走の勝ち馬(ヒデノエーデル)や、C1特別で好戦している馬もいて、結構メンバーは揃ってそう。

距離も1600mで少し長いですので、タイガーバローズに続け!とは正直ちょっといかないかも?

逃げ粘って惜敗続きにピリオド!

いや~タイガーバローズがやってくれました!
近走の惜敗続きにようやくピリオドをうち、昨年11月以来久々の移籍後3勝目(通算4勝目)となりました!(結果はココ

新主戦である渡邊竜也騎手鞍上に、4枠からうまくスタートし今日は無理なくハナに立つ。
そこから後藤正勢2頭が後ろからピッタリマークの結構きつい競馬だったと思うが、無理なくハナに立ったことで最後の直線でもお釣りを残しており、1馬身半差を残して逃げ切りました!

・笹野先生から代表馬主ユークローさんに提供の装鞍所写真(今日は無メンコだったのですね)
f:id:rockeyhy:20180713163626j:plain:w200f:id:rockeyhy:20180713163618j:plain:w200

これで次走はC級上位勝ち馬が集結するC1特別。 ここでソコソコな競馬ができればニードサムバディ以来のB級昇級が見えてくるので、これからもっと暑くなるが今後も頑張って欲しいです。


何はともあれ今日は勝って良かった!

7/13(金) 笠松5R(◎◎◎▲〇◎)

印は E-SHINBUN 競馬エースより。

先ほどのジャパンダートダービーも馬券的に完敗。今年も半年以上経過したのに未だにコレという当たりは1つもありません(大泣)。

さて、昨日の枠順に引き続き今日は競馬エースの印ですが、メンバー的に恵まれたとは言え予想より印が濃く恐らく1人気確実。
調教も時計出している(ラスト1Fの太字はその日の調教の最高タイムという意味ですよね?)し、今度こそ久々の勝利を。。。


【参考】
<展開推理>
 タイガーバローズ
にとって、これはお膳立てが整ったともいえる相手関係。たとえミツアキヒボタン、ヒルノバーハーバーに前を固められたとしても今の両馬ならそれほど脅威にはならないし、ほかで気をつけなければならないのはマインリーバー、ヒカリチャンぐらい。久々の勝利は十分とみた。

<推理のヒント>
◇タイガーバローズ
は4着とはいえ走破時計は優秀。チャンスある。

<厩舎のはなし>
[→]タイガーバローズ【笹野博師】

 前走はポジションを取りに行って息の入らない流れに。相変わらず甘いが、手薄なここなら。

<調教タイム>
抜かりなくタイガーバローズ
④タイガーバローズ

25笠松良(水野翔)前回  38.8 24.9 12.3  馬なり
笠松良(渡邊竜)    42.9 26.7 12.7  直強目

<短評> 相手弱化で

7/13(金) 笠松5R C5組 4枠4番 渡邊騎手で確定

先週はオジュウチョウサンの平地500万下特別を圧勝したことで大いに沸きました(私は逆張りで轟沈)が、我が笠松タイガーバローズも今週末に出走。
早くも枠順が発表されました。

今回(ココ参照)は4枠4番ということで、渡邊騎手が今回も騎乗するのでメンバー的に楽に先行できるのではないか。

最大の強敵であった法理先生のとこが回避したので、相手は後藤勢2頭のみ。
うまくスタート決めてロスのない競馬ができれば、久々にチャンストウライだと思います。

7/13(金) 笠松5R C5組に登録

日付変わりましたが今日2つ目は笠松タイガーバローズの次週登録を。

次走は笠松開催最終日の7/13(金) 5R C5組(1400m) に登録がありました。(詳細はココ

例によって出走馬を転載しますと、

5 ヒルノバーハーバ 牡 7 後藤正義
5 ミツアキヒボタン 牝 5 後藤正義
5 ナムラホビット  牡 5 栗本陽一
5 リージュ     牡 6 錦見勇夫
5 マインリーバー  牡 6 大橋敬永
5 ヒカリチャン   牝 4 水野善太
5 メリルフォンテン 牝 4 法理勝弘
5 ヒルノケルン   牡 6 新山廣道
5 ブルーガバナー  牡 5 加藤幸保
5 タイガーバローズ 牡 4 笹野博司

ということで、前走C1で4着の法理先生とこのメリルフォンテン、実績上位の後藤正勢2頭が相手か。
それ以外もソコソコなメンバーな感じ。

となると今回も渡邊騎手が乗るなら是非内枠、藤原幹騎手に戻るなら外枠が欲しいところかな。
そろそろ掲示板地獄?から脱して、久々の勝利の美酒が欲しいです。

大外から追い込んで5着!

今日は2件。
まずC1牝馬限定戦に出走したプリモ嬢。

ゲート内でかなり煩く、少し横向いた時にスタートが切られたので、スタートの名手山崎誠士騎手をもってしても少し出負け。
でもって大外13番枠なので後ろから3頭目となる苦しいスタート。

正直これで大敗も覚悟したが、3角から外々を回っていき4角でも大外をぶん回す。
かなりの距離ロスになるも、そこからグイグイ伸びで何と掲示板確保の5着(上がりはメンバー2番目!)となりました。(着順はココ


いや~。こんなちぐはぐな競馬で大外ぶん回しで5着というのは、もし内枠引いててうまく捌いてこれば勝ち負けあったかも。
馬体重も(419kgと小さいながらも)過去最高体重ですし、体調は非常にいい感じ。


次走は内枠(川崎でも浦和でも)でも引けば、4勝目も期待できそうです。

7/5(木)川崎9Rラベンダー賞(C1選定牝馬) 8枠13番 山崎誠騎手で確定(・△・・・・)

%タイトル%は、E-SHINBUN 勝馬南関東版 の印より。

昨日のサッカーW杯 ベルギー VS 日本の試合は本当に惜しかったです。

さて、気分を変えて明後日木曜に出走するプリモ嬢の枠順が発表され、よりによって大外8枠13番という辛い枠になってしまいました。(枠順はココ

勝馬の印も△1つであとは全員無印とかなり人気ないですが、前走B3でソコソコの競馬で6着だったので、主戦山崎誠士騎手に手が戻ったこともありソコソコにはやれると思っています。


【参考】
・・・プリモ(山田質師)
デキはいいので、C1の牝馬同士で頑張って欲しい。【◯】

<<評価>> ここ2戦は案外でも気配落ちはないし、降級で牝馬戦なら展開ひとつといった印象。

・TM◆診断
[→]プリモ
  小気味良い走りで好気配。巻き返しは可能。

・調教タイム
⑬プリモ
   前走川重    51.9 37.7  強目に
 [小気味良] 7月1川良    52.6 38.5  馬なり

・短評 2戦離れ