新・サラリーマン馬主への道

ごく普通のおっさんサラリーマンが09年に地方競馬の馬主になり、念願の表彰台(初勝利は13/11/14、初口取りは13/12/29に達成)を目指して、ブログに不定期に記録していきます! (2017/8/5よりココに移動しました)

無料カウンター

初の重賞挑戦は見応え十分の10着!(後編)

前編()の続きです。

過去のナイターでの観戦記を見てもらってもわかるように、私の古いデジカメ(by三洋電機の登録商標。今でも?)では、照明の光量不足で全然綺麗に撮れない。
しかし、そこはLocal-Horse管理者さんの奥様がプロ顔負けのフォトグラファー役ということで、許可を取って一部(ほとんど?)の写真を転載。


・いつものよう煩いプリモ嬢は、定番である装鞍所内の周回場から少し離れたところでじっと待機

・懸念された馬体重は±0の404kg。単勝は最終的には最低人気の401.7倍!

パドック以降についての様子は、「Local-Hoser管理者さん」のブログを参照願いますが、パドックでは割と大人しめも、安全最優先でこちらもいつものように山崎誠士騎手を背に早出しで馬場入り。


その後はそのままプリモにくっ付いていき(なので他馬の(騎手入り)パドック写真は今回はなし。どうせ私のは綺麗に撮れないし)、いよいよレースを迎える。


先生曰く、作戦的にも出たなりで後方を進み、直線で何頭交わせるか、でも地方馬の中では上位を期待していて、川崎生え抜きの意地を見せて欲しい。
との話であったが、実際のレースも少しだけ出負けし予想通り後方から。
予想通り4番のアップトゥユーが逃げ、プリモはそのまま最後方を進んでいくが、案外馬群がばらけない展開。そして2週目の向正面で交わしていき4角では内をつかず大外へ。


最後の直線では先生や我々の声援に応えて大外から3頭交わしたところでゴールとなりました(実は私の肉眼では1頭だけ交わしたように見えましたが、最後の感想戦で山崎騎手が「3頭交わした」っと言っていて、本当に3頭交わしての10着という結果でした。(着順はココ))


・レース後、まずはプリモと山崎騎手を労う山田先生


・なお地方馬3頭に先着。というのは期しくも昨年のナッツ姫と一緒
因みに昨年同様、一番強い地方馬が一頭食い込む。との予想のもと、ステップオブダンス様々で押え馬券少額Get!


・その後は山田先生、山崎騎手と観戦者全員での感想戦。山崎騎手曰く2100mそのものは問題なく、フラフラしている馬を交わすのに手間取らなければもっと上の着順もあったかも。という話でした。
また山田先生から「なぜ大外へ」と聞かれたら、山崎騎手が「せっかくの交流重賞でお客さんも多かったので大外を回してみたかった(笑)」とのことでした。

山田先生も今日のプリモの走りは十分な評価(良く頑張った)とのことで、やはり2100mを走った後なので、このあとのローテは未定だが、7月以降400万以上がC1に編入するので少しは相手関係は楽になるのでは?との話でした。


そして最後に全員でレースが終わったプリモと加藤厩務員さんのものへ。
さすがに2100m走ったあとなのでお疲れモードで、今回レース直後の競走馬を初めて触らしてもらったけど、汗で砂もべっとり、そして体温も予想外に熱く、本当にプリモ嬢は良く走ってくれました。


この後は皆さん予定がある。ということで自然解散。私もせっかく川崎に来たので、噂?の「万券通り」(写真撮ったけどUpは省略します)を一目みてから家路へと帰宅しました。


しかし昨年のナッツ姫でのレースといい、この前のGW(かしわ記念)の日のクイーン嬢、そして今回のレースっと、やっぱり大レースは競馬場やパドックの雰囲気もいいし、独特の緊張感もワクドキ感もあり、多くの関係者でレースが見られるし、、、っといいことだらけ。
Local-Horse管理者さんが、新馬戦で悪夢の放馬がありながら、そこから我々をこの場に連れてきてくれたプリモ嬢や山田先生をはじめとする関係者の頑張りに本当に感謝したい」。と今日何度も言われていましたが、本当に私もそう思いますし皆さまも同じ思いだったことでしょう。


ただ、もし個人持ち(または代表馬主として)の立場でこの場に居られたらもっと最高だろうな。。。いつかはそれを目指してこれからも頑張っていきます!