新・サラリーマン馬主への道

ごく普通のおっさんサラリーマンが09年に地方競馬の馬主になり、念願の表彰台(初勝利は13/11/14、初口取りは13/12/29に達成)を目指して、ブログに不定期に記録していきます! (2017/8/5よりココに移動しました)

無料カウンター

ナゴヤ コーチン ウラナイ

今日はもう1件。競馬に関する記事を3つまとめて。


■まずは、名古屋競馬場が弥富トレセンに移転する。という話。

以前(ココ参照)にもこの話題をUpしましたが、昨日の中日新聞夕刊(公式Web記事参照)に、「名古屋競馬場の弥富移転が決定」との記事が掲載され、予定通り2026年に開催される「アジア競技大会」の選手村にする為に競馬場を取り壊し、弥富トレセンに移転する。とのことです。


記事には17年度より着工で、いつ迄に移転完了かは書いていませんが、いくら本場の売り上げが10%ないとは言え、あの僻地(失礼)では誰も客は来ないな〜。


いっそのことミッドナイト競輪ならぬミッドナイト競馬(どうせ客も少ないので20分間隔でレースできれば、夜8時スタートでも11時までには10レースできるので、案外有りかも)で差別化してみては??



■続いては高知競馬の話題。
こちらは公式HPはじめあちこちで話題になっているので既に知っておられる方が多いと思いますが、先日の12/18の開催より高知競馬の賞金が一気にUpしています。


詳細はココのP15以降を参照願いますが、どのクラスもほぼ賞金が2倍に。
例えば最下級のC3普通でも1着30万!。さすがに2走目戦は14万のままですが、C1で40万、B級・C1特別で50万、、、っと、この辺りは園田とほとんど一緒です。(当然笠松・名古屋は雲泥の差で完敗。。。)


さすがに預託料は今までの10万ちょいよりは上がるとは思いますが、それでも益々高知に馬を預ける人が増えてくるでしょうね。
本当に羨ましいし、私も高知に入れることを真剣に考えるべきか?



■最後は、私がルームシェアとアイドルラッシュでお世話になった「シェアリンクレーシング」が、現1歳(来年度2歳)の新規募集は行わない。とのこと。


詳細はココ(山口代表のブログ)を参照願いますが、いろいろ人間関係云々もあり新規募集はやらない。とのこと、、、


元々は山口さんの他に、村田大作さん(モーリスで一躍有名に)と内田裕也さんの3名で興したクラブだったが、内田さんは実質不参加、大作さんも2年で撤退。一時期は古谷さんと組んで東京ダービー馬、2着馬を続けて出す等日の出の勢いでしたが、、、、

ココ地方競馬共有クラブの記事を載せていますが、直近で追加した2クラブも動いているかどうか?だし、コスモも13年度を最後に募集リストが見れないし、、、


せっかく(↑の高知じゃないですけど)地方競馬も復調気配なので、こういう大手ではないクラブが多くなり切磋琢磨していくことが馬主拡大には不可欠だと思うのですが、いずれも数年で撤退しているし、なかなか難しいのですかね、、、


となると、ステキナユメからはじまり、今はクイーンオブスカイでお世話になっている「Big Daddy Owners Club」は、結構長く続いていますね。
共有馬の情報量と更新頻度は素晴らしいですし、価格帯も(南関東新馬以外は)リーズナブルですので、何とかこのクラブには今後も頑張って欲しいです。



つまり、タイトルはこれら3つをまとめた(名古屋・高知・(馬を)売らない)ものでした。。。