新・サラリーマン馬主への道

ごく普通のおっさんサラリーマンが09年に地方競馬の馬主になり、念願の表彰台(初勝利は13/11/14、初口取りは13/12/29に達成)を目指して、ブログに不定期に記録していきます! (2017/8/5よりココに移動しました)

無料カウンター

遂に勝った!口取りだ!

速報に書きましたが、ついに私の目の前でルームシェアが勝ってくれました。
そして装鞍所内で簡易的ではありますが、初の口取りをすることができました!


この日はまず装鞍所に行き、長谷川厩務員とお話しし、「前走は外から来られて怯んでしまった。まだまだ幼いので外枠の方が良かったが、たいぶ素軽くなってきたのですんなり先行して砂を被らなければいい競馬にはなる」とのコメント。


ですので長谷川さんに、もし勝ったら記念撮影をお願いし、馬場入りしている間に応援馬券を購入。

そしてすぐに装鞍所に戻ってレースはモニター観戦(すぐ口取りできるように)


そしていよいよレース。
スタートは多少出負けしたが最内枠を生かし押して押してハナに立つ。
3角位から3番と8番の馬が並びかけてくるが、ルームもしぶとくそのままゴールまで押し切り。結局3/4馬身しのいで、50秒2というタイムで先頭を駆け抜けました。(詳細はココ


そして冒頭にもUpしましたが、いよいよ口取り。
実はもう1バージョンあって、手綱を持ったら馬が気にして下向いてました(泣)


さらに藤原騎手に無理言ってサインをお願いし、快く書いていただきました!



しかし最初の能試でゲートに入らず不合格。そしてやっとデビューしたらと思ったらまさかの最下位入線。本当にどうなることかと思いましたが、そこから立て直していただき、2歳のうちに勝つことができました。

これは後藤先生、長谷川厩務員、藤原騎手、そして笠松というところに、競走馬を提供していただいたShare.Link.Racingさん、そして村田大作さん。

本当に皆様のお陰で、このような体験をさせていただき、ありがとうございました。


そして年の瀬で忙しい中、メールや電話で祝福していただいた新米さん、東の一番星さん、ヒカリ丸さん。ありがとうございました。



これで次走からは1400m戦。後藤先生曰く、まだまだ幼く競馬を覚えさせなければいけないが、1400mになって競馬はしやすくなるので、さらに期待できるとのことでした。
この1勝をきっかけに、さらに頑張って欲しいと思います。